日本食育者協会

農林水産業事業戦略支援室設置のお知らせ

投稿日:2016年10月20日

平成23年六次産業化・地産地消法の成立に伴い様々な六次産業化の支援活動が国を挙げて行われてきました。
これらは食産業の高度化、グローバル化など、食をめぐる大きな社会変化・経済変化の中で苦しむ一次産業関係者にとって、一筋の光明であり未来への希望でもあります。

当会においても水産業を中心に様々な支援活動を行ってまいりましたが、この度水産業のみならず農業、林業を合わせ、全ての一次産業の事業戦略に関する支援活動を進めて参ることになりました。

これは、六次産業化中央サポートセンターに所属するプランナーで構成された任意団体「6サポWEST」との連携によるものです。

「6サポWEST」は、六次産業化支援活動に関して、一人のプランナーでの単独支援では多様化する支援内容に対応できないとの考えから、それぞれに専門分野を持つプランナーが共同して支援体制をとることを主たる目的として結成されました。毎月一回それぞれの課題を持ち寄り、議論をし、商品化や販路の紹介など多岐にわたる支援活動を行っております。

この「6サポWEST」のメンバーが当協会の主力社員でもあったことから、当協会内において「農林水産業事業戦略支援室」を設置し、この支援室が中心となって行政諸団体、農林水産業団体、一次産品に関わる二次、三次の各企業等における六次産業化に伴う諸問題解決のお手伝いを致してまいることになったわけです。

当協会の「農林水産業事業戦略支援室」は発足したばかりではありますが、「6サポWEST」での支援活動において、商談会支援、セミナーの開催など多くの実績もございます。また当支援室のメンバーはその多くが東日本大震災の復興水産販路回復アドバイザーも兼ねており、様々な分野の支援活動が可能となっております。

今後農林水産業の維持・発展そして食産業の発展の為に我々一同、鋭意努力をしてまいりますのでお引き立てのほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

農林水産事業戦略支援室 支援者一覧はこちら
農林水産業事業戦略支援室|支援者一覧

page top