食育者協会

トップ>ありのまま宣言

ありのまま宣言

日本食育者協会では、ありのまま宣言制度の立ち上げを進めております。それに伴い、第三者による確認機関を公募します。

「ありのまま宣言」確認機関の公募について

日本食育者協会では、農林水産物生産の持続可能な取組を一般消費者の方々に理解していただく「ありのまま宣言」を開始することとしました。

それに先立ち、ありのまま宣言をおこなう生産者・加工・流通にかかわる方々の取組を第三者として確認していただける機関を求めます。

(募集条件)以下の要件を満たす確認機関を募集する

  • 一般社団法人 日本食育者協会とは独立した機関であること
  • 営利を目的としない公益的機関であること
  • ISOの仕組み、とりわけISO/IEC19011の序文の趣旨及び4.を承知している機関であること。ISO審査員が組織内に1名以上いること
  • 農林水産物の生産・加工・流通に関して、広域的な知見に基づき、確認作業が実施できる機関であること
  • 既存のGAP或いはエコラベル認証又は認定業務の3年以上活動経験がある機関であること

条件の詳細については、一般社団法人 日本食育者協会の事務局へ確認してください。

お問い合せフォーム

応募方法

応募票を記入の上、必要書類を添えて下記の住所までご提出下さい。

ありのまま宣言確認機関応募票(PDF)

ありのまま宣言確認機関応募票(Word)

必要書類

  • 定款又は寄付行為、謄本の写し或いはこれに準ずるもの
  • 役員名簿
  • 直近の総会資料
  • 確認業務に係わる職員の氏名及び力量を証する資料
  • その他、日本食育者協会が求める資料

提出先

〒612-8363 京都市伏見区納屋町131

一般社団法人 日本食育者協会

 

 講座・イベント

募集中のイベントはありません